スポーツ障害の予防と治療法

スポーツ障害の予防と治療法

スポーツ障害とは、同じ運動を続けることにより、筋肉や骨や腱に過度の負担をかけたために、生じる外傷や障害のことを指します。

激しい練習を繰り返すプロスポーツ選手だけでなく、アマチュア選手や成長期の子供にも見られる症状です。

スポーツ障害はどうして起こるのか、予防法と治療法についても解説しましょう。
 

スポーツ障害の原因

スポーツ障害は、軽いものでは筋肉痛や肉離れなどがあります。症状が重くなると捻挫、突き指、脱臼、半月板損傷、じん帯損傷、オスグッド病、ジャンパー膝、ランナー膝、野球肩、野球肘、椎間板ヘルニア、疲労骨折など多くの症状があります。スポーツの種類によって、起こりやすい症状は違いますが、ここではよく見られる症状について解説しましょう。

スポーツ障害は、軽い動作でも同じ動きを繰り返しているうちに、体の同じ場所に同じ負荷がかかることによって起こる障害です。つまり、金属疲労のように、1回1回は大したことはなくても、蓄積していくうちに大きな障害となって現れるのです。

また、筋肉を酷使することによって、筋肉に連なる腱や骨に変形などの異常が起こることもあります。スポーツ障害が起こりやすい部位は、スポーツによって違いますが、多くの場合腕や足、腰などに集中しているのが特徴です。
 

どんな場合に起こりやすい?

スポーツ障害はプロスポーツ選手に多いのですが、成長期の子供が激しい運動をしたり、普段運動しない中高年が急に運動したために起こることもあります。つまり、スポーツ障害は一部のアスリートだけでなく、普通の人にも十分に起こりうる障害なのです。スポーツ障害は無理な運動をした場合にも起こりますが、野球のピッチャーが投球フォームを変えたり、軟式から硬式に変えただけでも起こることがあります。

また、ピッチャーが「肩を壊す」という言葉をしばしば耳にしますが、同じ投球動作を繰り返すことによって、肘や肩を痛める場合もあります。サッカーの場合は腕を使わないので、ほとんどの場合スポーツ障害は足に現れます。たとえば、小さなねんざを繰り返しているうちに、膝関節に慢性的な痛みが出たり炎症を起こしやすくなったりします。

また、オスグッド病という病気がありますが、これは走り込みやジャンプを繰り返すうちに、膝を傷める障害で、体操選手や陸上競技の選手に多く見られます。マラソンランナーの場合は、他のスポーツに比べて激しい動きはないものの、過度の練習を繰り返すと、足の骨が疲労骨折する場合があります。

このように、スポーツ障害はスポーツの種類によって、さまざまな現れ方をするのが特徴です。どのスポーツが、体のどの部分を酷使するかだいたいわかっているので、スポーツ障害は比較的予防しやすい障害とも言えます。
 

スポーツ障害を予防するには

スポーツ障害を起こさないようにするには、過度な運動を避けるのが一番です。しかし、ハードな練習を欠かせないプロスポーツ選手などの場合は、そうもいかないでしょう。練習を続けながら、少しでもスポーツ障害をなくすためには、スポーツの前に十分に準備運動をして、筋肉をほぐしてから本格的な練習をすることをおすすめします。

また、スポーツ後もコンディションを整えるようにすれば、かなり予防できるはずなのです。さらに、定期的にメディカルチェックを行って、常に体の状態を把握しておくことも大切です。このほか、普段スポーツで使っている道具が、自分の体に合っているかどうかも重要です。

陸上選手などの場合、靴が合わないだけでもスポーツ障害を起こすことがあるので、道具のサイズをチェックすることも忘れないようにしましょう。一度スポーツ障害を発症すると、完治しても再発するケースが多いので、少しでも異常を感じたら、無理せず休んだり医師に相談することが大切です。
 

スポーツ障害を起こしたら

スポーツ障害を起こした場合の応急処置に、「RICE」というのがあります。RICEは4つのワードの頭文字を組み合わせたもので、R=REST(休息)、I=ICE(冷却)、C=COMPRESSION(圧迫)、E=ELEVATION(挙上)を指します。つまり、スポーツ障害を起こしたら、安静にして患部を冷却すると同時に圧迫し、患部を心臓よりも上にあげることでリンパの流れをよくします。

とりあえず、ここまでの応急処置をしてしばらく休んでいるか、重傷の場合は救急車を呼ぶなどの対応が必要です。もし、これらの処置をしないまま、傷めた箇所をかばいながら練習を続けると、その箇所をかばうために他の部位まで傷めてしまうことがあります。「このくらいの傷は何でもない」という、根性論で練習を続けたりすると、取り返しのつかない結果になりかねないので十分注意しましょう。
 

代表的な治療法

では次に、スポーツ障害の代表的な治療法をご紹介しましょう。

バイオトレーナー

腰痛や肩の痛みなどは、姿勢が悪いために起こることがあります。姿勢が悪いのは、正しい姿勢を取るために必要な筋肉が、十分に使えていないために起こるものです。さらに、姿勢を悪くする筋肉が発達しているために、なお一層姿勢の悪化を招いています。

しかし、姿勢を正しくする筋肉を鍛えるのは、簡単ではありません。そこで、バイオトレーナーを使って高い周波数を当てることにより、深部にある筋肉を刺激して、必要な筋肉を鍛えることができます。バイオトレーナーは、カイロプラクティックや鍼と併せて使用することで、さらに治療効果がアップします。

整体治療

背骨がずれていると、体のバランスが崩れたり神経が圧迫されて、体のあちこちに異常が出ます。ところが、整体治療を行うと、体のゆがみを根本から直すことができます。そのため、スポーツ障害を予防したり、治療する方法として整体治療が有効です。

ストレッチ

体は筋肉と腱、骨で全身を支えるようにできています。体を構成しているこれらの部分を、動かせる範囲ギリギリまで動かしたり、伸ばしたりして体を調整するのがストレッチです。現在では、スポーツ選手に欠かせないものとして定着していますが、スポーツをしない普通の人にとっても、ストレッチは大切です。

鍼治療

鍼治療に使う鍼は、5ミリから20センチ以上までいろんな種類があります。鍼と電気的治療を組み合わせた療法もあり、相乗効果でよりよい結果を引き出しています。鍼にパルス通電をすると、筋肉や腱を刺激して緊張状態の緩和が可能です。

これにより、筋肉や腱に知らないうちに蓄積された、筋疲労を取り除くことができるので、スポーツ障害の治療に役立つとともに、スポーツ障害を起こしにくい体を作ります。鍼は滅菌処理した安全なものを使用し、薬を使わずに治療するので、副作用もなく高い効果が得られます。
 

まとめ

スポーツ障害は、同じ運動を繰り返すことによって、筋肉や骨や腱に大きな負担をかけることにより起こる障害です。スポーツ障害というと、激しい練習をするプロスポーツ選手だけがかかるものと思いがちですが、一般の人や成長期の子供にもよく見られる障害です。スポーツ障害は、軽いものでは筋肉痛や肉離れなどがあり、重くなると脱臼、半月板損傷、じん帯損傷のほか、椎間板ヘルニアや疲労骨折なども引き起こします。

スポーツ障害を予防するには、ハードな練習を避けるのが一番ですが、プロスポーツ選手はそうはいきません。なるべくスポーツ障害を起こさないためには、十分な準備運動をするように心がけることが大切です。スポーツ障害を起こしたら、安静にして患部を冷やしながら圧迫し、患部を心臓より高くするようにしましょう。