腰痛の原因とは?その症状や予防対策について解説

腰痛というと中高年になってから悩むものというイメージがあるかもしれません。実際に、中高年で腰痛に悩んでいる方も多いのですが、最近では若い世代で腰痛に悩まされているという方も増えているようです。

ここでは、そんな腰痛についてその原因や症状、予防対策について解説していきたいと思います。
 

腰痛の原因

腰痛に限らず、体に痛みが出たら何かしらの原因があるものとほとんどの方が思うでしょう。しかしながら、腰痛に関しては実はその85%ほどが原因不明とされています。

実際に腰が痛いからとエックス線やMRIなどの検査を受けても、どこにも異常がないということもあります。

原因がわからない腰痛の場合、日頃の生活習慣などが影響している可能性があります。

例えば、中腰など腰に負担のかかる姿勢をしていることが多いという方や仕事柄重たいものを持つことが多いという方はやはり腰痛になりやすいです。

もともと直立二足歩行の人間は腰に負担がかかりやすいので、普通にしているだけでもかなりの負担が腰にかかってしまいます。それにプラスして、別の負担がかかることになれば、腰が痛むのも無理はないのです。

もちろん、腰痛の中には何かしらの疾患で起こっているものもあります。

よくあるのは椎間板ヘルニアです。

他にも骨粗鬆症であったり、関節や内臓の疾患から腰痛が起こったりするようなこともあります。

さらに、女性特有の腰痛というのもあります。生理中に腰が痛むという女性は多いですし、妊娠中の腰痛で悩む方も少なくありません。更年期になってホルモンバランスの変化から腰痛が起こりやすくなるようなこともあるようです。
 

腰痛の症状

腰痛の症状というのは文字通り、腰の痛みです。

ただ、痛みといってもいろいろなものがあります。じわじわ痛むということもあれば、刺すような痛みを感じることもあります。

また、痛みを感じる姿勢もケースバイケースです。寝ていると楽で立っているとつらい、逆に寝ているとつらく立っていると楽ということもあります。体をねじったときだけ痛いなど、腰痛の症状は本当にさまざまなのです。

痛みに強い方や痛みに慣れてしまった方というのは、激しい痛みがあっても市販薬などでとりあえずの対処してしまうことも少なくありません。確かに、最近では腰痛を和らげる市販薬なども出てはいますが、その腰痛が重い病気のサインであることもありますので注意が必要です。
 

腰痛の予防対策

腰痛の予防対策ということなのですが、基本となるのは姿勢です。良い姿勢を保つことが日頃からできる腰痛の予防対策になってきます。

というのも、現代人というのは自覚のない方も多いのですが、思っている以上に姿勢が悪いです。普通に歩いていても猫背気味になっている方が多いですし、座るときでもアゴを突き出した猫背やイスの背もたれにだらしなく寄りかかっているようなケースも目立ちます。

悪い姿勢はそれだけで腰の負担を大きく増やします。アゴを引いて、背筋を伸ばして、日頃から良い姿勢を保てるようにしましょう。

あとは、極力腰に負担のかかるような動作をしないことです。必要もないのに不自然な姿勢をとったり、急に腰をひねったりといったことは避けるようにしましょう。重たいものを持ちあげなければいけないときには、一度しゃがんで体全体で持ちあげるようにしたいところです。もちろん、長時間同じ姿勢でいるのも避けましょう。

さらに、無理のない範囲でストレッチもおこなっていきたいところです。座ったままできるストレッチなどありますので、無理をせずにできる範囲で簡単なストレッチをしていきましょう。筋力アップ、柔軟性アップで姿勢も改善していきます。

ストレッチだけでもいいのですが、痛みがないときには運動も取り入れるようにしましょう。現代人の多くが運動不足で、筋力も低下気味です。

腰痛の中には筋力の低下で起こるものもありますし、特に中高年の方は筋力の低下で転倒などのリスクも高まります。痛みがないときには運動をして、筋力アップを目指していきましょう。

ハイキングなどの下半身をしっかりと使うものでもいいですし、負担の軽くなる水中でのウォーキングなどもおすすめです。

一応、痛みがないときに運動を……という話をしたのですが、場合によっては多少の痛みがあっても運動をしたほうがいいこともあります。

腰痛というのは先でもお話しましたように、原因がわからないものも多いので、どうしたらいいかわからないときには専門家に相談しましょう。