肩こりの原因とは?その症状や予防対策について解説

肩こりで悩んでいる方というのは、かなり多いかと思います。実際に、「肩こり」という言葉は本当にいろいろなところで見聞きするものです。

ここでは、そんな身近な肩こりについてその原因や症状、予防対策について解説していきたいと思います。
 

肩こりの原因

まずは、肩こりの原因についてです。日本人に関しては、もともと体のつくりからして肩こりになりやすい傾向にあると言えるでしょう。

というのも、普段はあまり意識することがないでしょうが、人間の頭というのは5㎏から6㎏ほどあります。それだけのものを首と肩が支えているわけなのですが、日本人の首や肩というのは骨格や筋肉が華奢にできているのです。日本人が肩こりに悩むのは、必然と言ってもいいくらいです。

土台から肩こりになりやすい日本人なのですが、そこに肩こりの4大原因と呼ばれるものがのしかかってきます。それが「同じ姿勢」「眼精疲労」「運動不足」「ストレス」です。「どれも当てはまる」という方も多いでしょう。肩こりの原因は他にもあるのですが、やはりこれらの4つの原因が大きな影響を与えています。

「同じ姿勢」と「眼精疲労」に関してはもうすでにお察しの方もいるかと思いますが、仕事でのパソコン作業や日常的なスマートフォンの利用によるところが大きいでしょう。長時間、同じ姿勢で操作をすることになりますし、その間、基本的に画面を見つめっぱなしになります。もちろん、パソコンやスマートフォン以外での細かな手作業などでも起こり得ますが、パソコンやスマートフォンのほうがやはり多いでしょう。

「運動不足」と「ストレス」に関しても、現代人にとっては「あるある」という感じかと思います。特に、大人になると運動する機会はぐっと減ってきますし、「運動しなければ」と思うだけで終わってしまうことも少なくありません。ストレス社会と呼ばれる今の世の中では、多くの方が否が応でも大きなストレスを抱えることになります。

こういった原因から筋肉の緊張や血流の悪化といったものが起こり、それが肩こりにつながってくるのです。ただ、何かしらの疾患による痛みを単なる肩こりと勘違いしていることもありますので、注意が必要です。
 

肩こりの症状

肩こりといってもその範囲は思っている以上に広いです。本当に肩がこっている場合もあれば、首のこりや背中のこり、腕周りのこりといったものをまとめて肩こりと呼んでいることもあります。

症状としては、こっている感じがする、重たい感じがする、痛みがあるといったものが挙げられます。痛みの感じ方も人それぞれで、じわじわ痛い感じがするという方もいれば、ピシっと痛みが走るような感じがするという方もいます。
 

肩こりの予防対策

では、先ほどご紹介した「同じ姿勢」「眼精疲労」「運動不足」「ストレス」という4大原因に対応する形で予防対策を考えていきましょう。

まず「同じ姿勢」に関しては、とにかく長時間同じ姿勢でいることを避けるようにしましょう。座り仕事などであれば、1時間に1回立って背伸びをするだけでもOKです。

とにかく、体を動かして同じ姿勢から解放してあげましょう。何となく疲れてきたり、重みや痛みを感じられたりしたらその都度、体を動かすようにすると違ってくるはずです。

次に「眼精疲労」に関してですが、これもシンプルに目を休ませることが大切になってきます。仕事でどうしても目が離せないというときには、遠くを見るようにしたり目の体操をしたりするようにしましょう。

日常的なスマートフォンの利用などで眼精疲労が起こっている場合には、必要以上にスマートフォンを触らないようにすることです。今は「デジタルデトックス」というものも出てきているので、スマートフォンを触らないようにすると違った世界が見えてくるかもしれません。

「運動不足」と「ストレス」に関しても、シンプルに運動をするのがいいでしょう。運動をすれば運動不足も解消できますし、同時にストレス解消にもなります。ハードなものである必要はありませんので、続けられる簡単な運動を見つけていきましょう。

ストレスに関してはストレスの原因を遠ざけるといったことも効果的なのですが、それができるのであれば最初からそうしているでしょう。ストレスとうまく付き合っていくためのストレスマネジメントなどもありますが、ストレスをコントロールするのには時間がかかるでしょうし、今の時代は次から次へと新しいストレスが生まれてきます。

決してストレスマネジメントをおすすめしないわけではないのですが、運動をしたほうが手っ取り早いかもしれません。