膝痛の予防と治療法

膝の痛みを訴える人は、加齢とともに増えていきます。歩き出しや椅子から立ち上がるときなど、膝がズキリとするような痛み。あるいは、階段の上り下りや正座したときに感じる痛み。それが膝痛の特徴です。

膝が痛いと動くのも億劫になり、健康にもよくありません。膝痛はどうして起こるのか、予防法と治療法についても解説します。
 

膝痛の種類

ひと口に膝痛といっても、痛む場所はいくつかあります。たとえば、膝のお皿の下、膝の内側、膝の外側、膝の内部などです。また、どんなときに痛みを感じるかも、いくつかのパターンに分かれます。歩き始めや椅子から立ち上がるときなど、動作の始めに痛む場合もあれば、階段の上り下り、膝のこわばり、あぐらをかきづらい、正座をしづらい、ボールを蹴るときに痛みを感じるなど、実にさまざまです。
 

膝痛の原因

膝痛を訴えるのは中高年や高齢者に多く、加齢による膝関節の劣化が大きな原因となっています。これに対して、若い人の膝痛はスポーツなどの、練習のしすぎが原因となることが多いようです。また、運動不足によって筋肉が萎縮し、膝痛を起こすこともあります。

スポーツが原因の膝痛は、傷みが出た際にすぐ氷などで冷やせばかなり改善します。スポーツで膝痛を起こさないためには、準備運動をしっかり行って、ストレッチをするのが有効です。運動不足が原因で起こる膝痛は、デスクワークの人に多い症状ですから、適度な運動をすることで改善できます。

また、仕事の種類によっては膝をつくことが多いため、膝痛になることもあるようです。これらの症状の場合、運動不足も原因の1つとなっているので、毎日適度な運動をすることと、ストレッチで膝を柔軟にすることが大切です。加齢が原因で起こる膝痛は、サポーターで膝を保護したり、膝に無理がかからないような姿勢を心掛けるといいでしょう。また、軟骨成分を含んだコンドロイチンやグルコサミンなどを、サプリメントで摂取するのも有効です。
 

膝痛を引き起こす病気

膝痛は、膝痛を引き起こす病気が原因でなる場合もあります。膝痛の原因となる病気はいろいろありますが、その中で代表的な病気について解説しましょう。

変形性膝関節症

膝痛の原因として、一番考えられるのがこの病気です。膝痛が起こる原因の1つに、膝関節の軟骨がすり減るために起こる痛みがあります。このように、軟骨がすり減るのが、まさに変形性膝関節症なのです。加齢ととともに膝関節の軟骨がすり減っていくので、変形性膝関節症は中高年や高齢者に多い病気です。

また、若い人でも怪我によって軟骨がすり減ると、この病気にかかります。ちなみに、変形性膝関節症は男性よりも女性のほうがかかりやすく、高齢になるほどかかる女性が増える傾向にあります。症状の初期の頃は、歩き始めに痛むだけで、歩いているうちに痛みを感じなくなります。

しかし、症状が進行すると階段の上り下りが苦痛になったり、正座ができなくなったりして、最悪の場合膝が伸びなくなってしまうこともあります。日本には変形性膝関節症にかかっている人が、約2500万人ほどいると言われていますが、発症しても痛みがないこともあるようです。しかし、痛みがなくても関節の軟骨は徐々にすり減っていくので、やがて痛みを感じるようになります。

関節リウマチ

関節リウマチは、手足のどの関節にでも発症しますが、関節リウマチが膝に発生すると膝痛の原因となります。リウマチは、関節の骨が炎症を起こして腫れたり変形したりして、患部の動きが不自由になっていく病気です。発症すると、関節の周囲がこわばってくるので違和感を覚えます。

それと同時に発熱したり、食欲不振やだるさを伴う場合もあります。症状が進むと関節の腫れがひどくなり、患部に激痛が走ることも珍しくありません。手の関節がリウマチになると物をつかめないなど、日常生活に支障が出るようになりますが、膝のリウマチは、膝に水が溜まったり歩行が困難になったりします。

関節リウマチの原因はまだよくわかっておらず、30代~40代の女性に多い病気ですが、他の年代にも見られます。微熱や食欲減退が続き、だるさや関節の腫れが感じられるようになったら、関節リウマチを疑いましょう。

半月板損傷

半月板は軟骨に似た組織なので、ここが損傷すると、軟骨がすり減ったのと同様に痛みが生じます。膝には骨と骨をつなぎとめる筋肉がないため、靭帯や腱で骨をつなぎとめていますが、半月板はそれらを固定させる役目をしています。そのため、半月板が割れたり傷ついたりすると、膝を動かすたびに痛みが走り、自由に動かせなくなります。

膝の関節が伸びなくなったり、曲がらなくなったりするため、階段の上り下りが困難になったり、膝の屈伸をするのが苦痛になることもしばしばです。半月板損傷は、加齢とともに起きやすくなりますが、事故やスポーツなどでも起こることがあります。半月板を損傷すると、重症の場合は手術が必要ですが、通常は膝の周囲の筋肉をほぐすことで改善していきます。
 

膝痛の治療法

膝痛の原因は、加齢によるものから仕事によるもの、スポーツによるものなどさまざまですが、治療するには鍼灸が効果的です。加齢で膝が痛くても仕事は休めないし、スポーツで傷めても練習は続けなければなりません。そんなときは、全身のバランスを取りながら患部を治療する、東洋医学に根差した鍼灸療法がおすすめです。

もちろん、膝痛は普通の病院でも治療できますが、なかなか治らないのが実情です。それは、同じ膝痛でも患者によって症状が微妙に違うのと、人によってどの治療法が合うのかわかりにくいからです。また、膝痛は一度改善してもまた悪化することが多いのですが、それは膝が毎日の生活で使わざるを得ない部位だからです。

日常生活の中で、全く歩かないということは考えられません。つまり、膝は安静にしたくてもできない部位なのです。
 

膝痛は膝以外にも原因がある

膝痛は、膝だけに原因があって起こるのではありません。人は他の動物とは違って二足歩行しているので、膝だけでなく腰や骨盤、背骨など、いろんな部位に負担がかかっています。そして、それらの負担を全部背負う形で、最終的に膝に大きな負担がかかってくるのです。

そのため、症状が出た部位だけを治療する現代医学では、膝を完治させるのは困難です。その点、東洋医学は全身の気のバランスを整えるところから始まるので、鍼灸治療を行うことによって、意外に早く膝痛が治ることもあります。さらに、病院で治療を受けながら鍼灸治療を行うと、なお一層効果が上がるのでぜひ試してみましょう。
 

まとめ

ひと口に膝痛といっても、痛む場所はさまざまです。また、痛み方にもいろんなパターンがあって、かなり複雑です。膝痛の原因は加齢によるもののほか、スポーツや仕事が原因で起こることもあります。

男性より女性に多い病気で、加齢とともに患者が増える傾向にあります。膝痛は膝の病気が原因で起こることもあります。膝痛の原因としては、変形性膝関節症や関節リウマチ、半月板損傷などが挙げられます。

膝痛の治療は普通の病院でもいいのですが、東洋医学に根差した鍼灸療法を行うと効果的です。膝痛は膝だけが原因ではなく、二足歩行する人間は、腰や背骨などに大きな負担がかかっています。その負担を膝が全部受け止めているので膝痛が起こるのです。そのため、膝痛を改善するには、前身のバランスを調整する鍼灸治療が適しています。